teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:8/123 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

大逆転劇

 投稿者:監督 畦地治  投稿日:2018年 5月13日(日)18時25分34秒
  通報
  2018トップチーム豊田市民リーグ 第2節 大逆転勝利
竜神FCトップチームは5/13(日)豊田市運動公園陸上競技場で2018豊田市民リーグ第2節に挑みました。この日の会場はとても良い芝生でした。午前中は曇りの予報でしたが、朝から雨が降ってきました。この日の参加選手は15人でした。選手もそろい「今日も勝てるぞ」という雰囲気でした。結局これが気の緩みにつながり、苦戦する原因となったかもしれません。
前半試合を支配したのは、昨年3位のYYYでした。セカンドボールを拾われました。前半半ばにコーナーキックから失点しました。しかし竜神FCもショートコーナーから山形裕也選手が絶妙のクロス。これを青山選手がヘッドで決めて1-1。これで落ち着きを取り戻すかと思ったんですが…前半20分過ぎに相手のロングクロスがGK渡部選手に頭上を越え左ポストに当たりゴールに吸い込まれました。これで何と1-2。前半は1点ビハインドで折り返しました。
ハーフタイムに「次の1点が勝負だぞ」と話し後半を迎えました。しかし後半先に点を取ったのは相手のYYY でした。カウンターから裏へ抜け出され、GKもかわされゴール。これで万事窮したかに思われました。その後も押しに押しましたが、シュートがポストに当たったりと、なかなか点が入りません。残り時間も15分になった時、なんとかシュートが入り、これで3-2。後半残り10分の時に
相手ペナルティエリア内でファールを受けPKを獲得。このPKを山形勇斗選手が落ち着いて決め、3-3の同点となりました。その後も竜神FCの猛攻は続き、DFながら前線に上がっていた佐々木選手がゴール右でフリーになり落ち着いてトラップし。右足を一閃。見事シュートがゴールネットに突き刺さりました。何と大逆転です。残り時間は後3分。落ち着いて相手をいなし、このまま勝利かと思われた時、オフサイドラインギリギリから裏に抜けた山形裕也選手が落ち着いてボールをゴールに流し込み、これで5-3。こうして大逆転劇は完結しました。
たいへんな乱打戦になりましたが、たくましく勝利しました。選手のみなさん、雨の中お疲れ様でした。次節は6/24(日)10:20キックオフ、川端A、相手はFCカラフルです。ーお集まり下さい。
尚、5/27(日)に審判が1試合あります。10:20、川端Aの試合です。手伝ってください。
畦地治
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/123 《前のページ | 次のページ》
/123