teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(4)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:8/174 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

連載2004年

 投稿者:ツー  投稿日:2018年 8月 5日(日)19時55分12秒 kcc-122-255-227-72.kamakuranet.ne.jp
  通報 返信・引用
  5月5日 6時に朝風呂に行くと朝早いのに子供が湯船で大騒ぎをしていた、元気を貰いたいもんだ。800円のバイキング昼食を食べにレストランに行く。おそらく三倍は食べたと思う程の品数を食べてしまった(笑)又も貧乏人根性が出てしまう。レストランを出ると茨城の牛久市から来たライダーと東京日野市のライダーがレストランに入ったのを見ていたので待っていたそうだ。又、長い長い話になる。そこに茅ヶ崎の寒川から来たライダーも加わる。昨日は夜中に歩いていましたねと訊ねると徘徊していたとのこと、面白いギャグだが近い将来我々もそうなる可能性があるので余り笑えなかった。この方は19??年生まれのライダーだ。旅が終わってから再び会うことのなるとはこの時点では思わなかった。自民党の元幹事長に似ているライダーが船長の話があるので聞きに行こうと誘われる。川崎から九州までの船長さんで話がためになって面白かったそうで、帰りも同じ船長さんで良かったと言って喜んでいた。全員で話を聞きに行くことにする。歳の頃50歳半ば位の紳士で話の内容は半分は自慢話で残り半分は聞いて損はなかった。操縦自慢で始まりスピードで負けた事はないそうだ。船のシューマッハと呼ばれているそうだ。海上に出てしまえばスピードを上げようが捕まる事はないそうだ。川崎港に下船するときフェリーの出口に船長さんが直立不動で下船するライダーやドライバーに頭を下げ続ける姿を見て頭が下がる思いをした。今までフェリーに数えきれない程乗船したがこういう姿を見たのは初めてだった。感動してしまった!言う事は言う、やる事はやる、素晴らしい船長だ。多くのライダーやドライバーが職場や色々な所で船長の話をすることだろう。そのことでマリンエッキスプレスの会社も潤う事だろう。船長さんの話をメモしている方が多数いたことを付け加えておきます。それと、船長はタイタニックの映画の内容についてプロの目で見て不自然な所が多数あることを詳しく説明するが映画にするにはある程度は歴史と違っても見ている人の共感が得られれば良いのではないかと思う。13時からシアターでデカプリオ主演の映画が始まるので是非見るようにとのこと。昼食を急いで食べてからシアターに行く。BMWのオーナーと一緒に見る。船長の話を聞いた後なので映画の見方が大分違ってしまった。時間も15時を回り伊豆半島を掠めてやがて浦賀水道に入る。フェリーで東京湾に入るのが初めてなので嬉しくなる。観音崎を眺めながら猿島を通過。直ぐそばを大型タンカーが波を被りながら擦れ違う。遠い外国に行くのかな~八景島が見えてきた、私が子供の頃、日吉刈りに良く行ったところだ。その家族5人も今は私一人になってしまった。50年前の話だ。横浜のベーブリジが見えた、いよいよ旅も終わりに近づいた。沢山のお仲間とも又お会いすることはないだろう。雨が今にも降りだしそうな川崎港に19時15分接岸する。下船して降り出しそうな空を眺めながら自宅に急ぐ。外気温は14度、寒い事。寒風の中を浮島ICから首都高に入る。北海道の場合いはどんなに近くってもフェリーは大洗までなので時間がかかるが今日は楽だ。カッパを着ない選択をしたが凶にでるか吉に出るか心配しながら走り大黒PAを停まらずに横横道路に入る。あっと言う間に朝比奈料金所に滑り込む。鎌倉霊園の前で太陽の国、九州から無事帰ってきましたと母、兄、父に報告しながら通過する。18時15分、我が家に着く。川崎から41キロ。何時ものように愛車ローライダー(FXLR87年)に有難うと言う。2093キロでした。
後書き 旅を終えてまず一言。自走で行くには遠いな~と思いました。関門海峡を渡った時、身体が震えるほど感動したことを今もはっきりと覚えています。自分の場合いは何処かを見るかではなく、ただその土地の上を走ると言う事がものすごく大事な事だと思っています。
追伸 遠い九州から帰ってきて来年も九州に行くと言う言葉は出てこないが時過ぎれば又身体がうずうずしてくるだろう。阿蘇山、高千穂、山並みハイウエー、霧島などに来年行ってみたいと言う気持ちはある。






 
 
》記事一覧表示

新着順:8/174 《前のページ | 次のページ》
/174